忍者ブログ
コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)作品に出てくるジャズの定番を聴いて感想を書くブログ。 ジャズにも詳しくないし耳も大してよくないので、曲と小説が合っている、とかそんな程度。
カレンダー
04 2017/05 06
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
wilder たむ
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 テスト

 まずはテストです。テストが終わってうまくいけば本番です。どんな感じになるのか確かめるため長い文章を書いているところです。

 ――明治の頃。警視庁に二人の探偵がおりました。「おい大村。あの鞄はどうも怪しい。血がにじんでいるではないか」鞄を開けてみますと、中からばらばらにされた女の死骸が出て参りました。「俺はさきほど宿屋へ入った女が怪しいと思う。俺は面が割れているから、速水、ひとつおまえが田舎者に変装してくれ」
 ――明治の頃。警視庁に二人の探偵がおりました。「おい大村。あの鞄はどうも怪しい。血がにじんでいるではないか」鞄を開けてみますと、中からばらばらにされた女の死骸が出て参りました。「俺はさきほど宿屋へ入った女が怪しいと思う。俺は面が割れているから、速水、ひとつおまえが田舎者に変装してくれ」

 ――明治の頃。警視庁に二人の探偵がおりました。「おい大村。あの鞄はどうも怪しい。血がにじんでいるではないか」鞄を開けてみますと、中からばらばらにされた女の死骸が出て参りました。「俺はさきほど宿屋へ入った女が怪しいと思う。俺は面が割れているから、速水、ひとつおまえが田舎者に変装してくれ」

PR
忍者ブログ [PR]
TOP