忍者ブログ
コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)作品に出てくるジャズの定番を聴いて感想を書くブログ。 ジャズにも詳しくないし耳も大してよくないので、曲と小説が合っている、とかそんな程度。
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
wilder たむ
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
[5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「ナイト・アンド・デイ」(Night and Day)~『黒衣の花嫁』

 『黒衣の花嫁』第3部のエピグラフに掲げられた、コール・ポーターによるスタンダード・ナンバー。

 好きな人を想う歌も、ウールリッチにかかれば恨む相手を狙う歌に早変わりです。タムタムが鳴るように、時計の針の立てる音のように、雨がビシャビシャと落ちるように「お前・お前・お前」だなんて、怖すぎます………。ほとんど休みなく、ですからねえ。。。

 エラ・フィッツジェラルドによるボーカルは、陽気なイントロから始まり、怪しげにぞぞぞぞぞと盛り上がってゆく、まるで本書のために歌われたような名曲。歌詞をよく読むと、サビの直前になるまでは、何が「タムタムの響きのよう」なのかはわからないんですよね。だからこれは、歌詞の内容に沿ったアレンジなのだと思います。怪しげに怪しげに歌いつつ、「you, you, you」からは、がらっとムード曲っぽく様変わりします。

 ビリー・ホリデイのカバーはちょっと違う。というのはつまり、ビリーが歌うと飽くまで恋愛の歌であって、『黒衣の花嫁』に誤読のしようがないのですね。一つの曲としてはそれはそれで(というか普通であれば当然)素晴らしいカバーなのですが、ウールリッチ・ファンとしてはそれではちと悲しい。

 数年前によくかかっていたSisterQのカバーが、意外なことに『黒衣の花嫁』にはぴったりと合います(と思ったら『Mの悲劇』の主題歌だったのか、意外でもないや。というか、ドラマの内容から見て、『黒衣の花嫁』→「Night and Day」→主題歌決定!という連想の流れなんでしょうか?)。ビミョーに昏くてそのくせ透明感のある歌声がぴったり。でも歌詞が日本語オリジナルなんですよねえ。

ナイト・アンド・デイ

ジャングルに影落ちるときの
タムタムの響きのように
壁を背にした大時計が
チクタク時を刻むように

夏に夕立の雨粒が
ポタポタと落ちるように
胸の内で繰り返し唱える
キミキミキミ

夜も昼も、君だけを
月のもとでも陽のもとでも
側にいても離れていても
どこにいようと
君のことを
昼も夜も、夜も昼もなく

往来の喧噪のなかでも
一人寂しい部屋の中でも
どこに行こうと離れないのは
君のこと
昼も夜も、夜も昼も

秘めた心の奥底でも
焦がれる想いが燃えていても
この苦しみに終わりがあるなら
愛することに生きること
昼も夜も、夜も昼も

 ----------------

 『黒衣の花嫁』(ハヤカワ文庫)
 オンライン書店bk1で詳細を見る
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

  『Night and Day』Cole Porter
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

  『Lady Day』Billie Holiday
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

 「Night and Day」SisterQ
 amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
【裏】作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビューの目次
New!●第27回 プレイグラウンド/マヌ・カッチェ(Manu Katche) ~おまえ、自由にやろうぜ。自分に自分で限界を作るなよ~●第26回 スタン・ゲッツ/スタン・ゲッツ・イン・ストックホルム ~時代錯誤のスイングピアノは、何か、イナセでさえある。~●第25回 ケン・ペプロスキーquartet/MEMORIES OF YOU ~言いたくないけど、名盤です。~●第24回-ジャズ クラレンス・ホイーラー&ジ・エンフォーサーズ/ドゥーイン・ホワット・...
URL 2008/01/29(Tue)16:38:16
忍者ブログ [PR]
TOP