忍者ブログ
コーネル・ウールリッチ(ウィリアム・アイリッシュ)作品に出てくるジャズの定番を聴いて感想を書くブログ。 ジャズにも詳しくないし耳も大してよくないので、曲と小説が合っている、とかそんな程度。
カレンダー
06 2017/07 08
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
プロフィール
HN:
wilder たむ
性別:
非公開
QRコード
ブログ内検索
アクセス解析
[5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「月に咲くバラ」(Moonlight and Roses)~『黒い天使』

 長篇『黒い天使』第9章に登場する曲です。

 夫の無実を信じる主人公“エンジェル・フェイス”が、ナイトクラブの潜入捜査を試みる場面。踊り子としてオーディションを受けるものの、ダンスの心得はまるでなし。伴奏に頼んだ曲が、夫の好きな「月に咲くバラ」でした。

 オリジナルは1925年、作詞作曲はBen Black&Neil Moret、Ray Miller Orchestraによる演奏です。

 オリジナルのCDは現在は手に入らないようですね。でも探してみると、こことかここで無料で聴くことができました。

 聴きながら読み返してみると、小説の印象までがらっと変わってしまい驚きました。タイトルだけ知っている「月に咲くバラ」をリクエストしたはいいけれど、踊りのできない“エンジェル・フェイス”は曲のテンポに合わせられずに尻餅をついてしまいます。この場面、特にどうということもなく読んでいたのですが、この曲があるだけでドタバタコメディに早変わりです。チャップリンの映画とかみたい。

 ウールリッチというと、おそらく読者の方も訳者の方も、ロマンチックとかセンチメンタルとか先入観を持ってしまいがちですが、実に意外な顔も持っているものです。

 曲は前半がイントロ。後半にボーカルが入っています。実にのんきというか、もはやノーテンキといってもいいような、王道オールド・ジャズ・ナンバー。ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ、ズンチャ♪のリズムが心地よい。

 だけどウールリッチが書いているのはこの曲のことでいいのだろうか? 「テンポがスローすぎて」と書いてあるけど、この曲に合わせて「ピルエット」というのはスローどころか半端じゃない技術のような気がする。そりゃ尻餅もつきますよ。

 はてな?と思い確認してみると、Vaughn Monroeが歌っているバージョンは、“エンジェル・フェイス”も言うように「テンポがスローすぎ」る曲でした。低い声でまったりこってり歌い上げるタイプの曲です。「My Funny Valentine」みたいなやつ。この手のタイプはかなり苦手です。

 こちらは確認したのですが何年の発表かわかりませんでした。でもおそらくウールリッチの頭にあったのはこっちでしょう。う~んでもそうなると、ウールリッチのコメディセンスというのは勘違いか。いやそもそもピアニストがスローにアレンジしていただけかもしれないし、わかりませんが。

月に咲くバラ

月の光に咲くバラが
きみに思い出を届けてくれる
ぼくの心も安らいだ
とびきり素敵な思いつきに。

初夏の光にさらされて
恋のきらめきがよみがえる
月の光に咲くバラが
届けてくれる、思い出を。

 

On the Moonbeam/Down Memory Lane
amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。

黒い天使
コーネル・ウールリッチ著 / 黒原敏行訳
早川書房 (2005.2)
ISBN : 4150706069
価格 : ¥798
amazon.co.jp amazon.co.jp で詳細を見る。
------------------------------

 HOME ロングマール翻訳書房

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
第25回 ケン・ペプロスキーquartet/MEMORIES OF YOU
第25回 ケン・ペプロスキーquartet/MEMORIES OF YOU ~言いたくないけど、名盤です。~ メモリーズ・オブ・ユーケン・ペプロフスキー・カルテット (2006/06/21)ヴィーナスレコード この商品の詳細を見る SWING JURNALを読んでいるとあまりにもvenusレコードのアーティストが良い扱いになっているので、「これは出来レースでは?」と思うのは私だけでしょう...
URL 2007/08/27(Mon)19:44:17
【裏】作曲の王道 Table of Contents
New!●第26回 スタン・ゲッツ・イン・ストックホルム ~時代錯誤のスイングピアノは、何か、イナセでさえある。~●第25回 ケン・ペプロスキーquartet/MEMORIES OF YOU ~言いたくないけど、名盤です。~●第24回-ジャズ クラレンス・ホイーラー&ジ・エンフォーサーズ/ドゥーイン・ホワット・ウィー・ワナ ~男はブリブリいわせてナンボだぜ~●第23回-ジャズ エディ・カノ&ヒズ・クインテット/ブロート・バック・ライヴ・...
URL 2007/12/25(Tue)19:31:59
忍者ブログ [PR]
TOP